Reversus

Reversus_imageReversus_imageReversus_imageReversus_imageReversus_imageReversus_imageReversus_imageReversus_imageReversus_imageReversus_image

「あるべき場所にかえるため」

「Reversus」MusicClip,8’25”,05.10.2011


Story

Reversus_image
音に煌めく珊瑚礁に迫り来る影。海に棲む異形の少女の”予感”から、物語が始まる。

Reversus_image
表題:Reversus リヴェルサスはラテン語で逆転・帰還の意。

Reversus_image
(朝凪の濁りに、大きな災いの訪れが視える)
(私の縋るような”大切”のため 海の平穏を奪う者に 歌を届けよう)

Reversus_image
(心を魅き寄せる愛おしい海、芒の様に揺れ瞬く珊瑚礁)
(失くしたくない だから、また鍵をかける)

Reversus_image
「唄影に隠れていて。必ず護るから――」
珊瑚へ危機を報せる歌声が雲間を貫き、彼方へ渡る・・・

Reversus_image
警哭が響く空。あの鷲にも 近づく”それ”が見えるのだろうか

Reversus_image
曇る空、風に散る声は掠れたノイズへと変わる。

Reversus_image
そう、この海を守る少女はヒトではないのだ。


Reversus_image
荘厳なる船から違国の歌声が響く。船首には天使の彫像。

Reversus_image
“美しき珊瑚よ、深く狭小な海で輝くのは惜しい
素晴らしき君達を広く知らせよう”

Reversus_image
“暗きに置けば、ひとつひとつの輝きに別けて愛される
私達と行こう この海がさらに素晴らしいものになる さあ”

Reversus_image

Reversus_image
少女は彼らに歌を叫ぶ
“そうはさせない。饒舌に並べられる感動など 真実ではない”

Reversus_image
「何を怯えている?」少女と船人の言葉は通じない。

Reversus_image
すれ違いは苛立ちとなり、やがて嵐へと変わる

Reversus_image

Reversus_image
少女の決断ーー絆の言葉を引き換えにヒトの言葉を手にする。
それは彼らの”本音”までも視える薬だった

Reversus_image
“全てを賭けた薬は、もたらす真実を伝えることで、自身を蝕む毒となる”
少女が知ったことを珊瑚に教えることはできなかった

Reversus_image

Reversus_image
珊瑚たちの望みを叶えると云い、外海の甘美を説く人間達

Reversus_image
外海からの手招き。

Reversus_image
それとも誘声に靡く珊瑚だろうか

Reversus_image
“淦映えの山は誰のせい?” 邪魔者として少女は捕われる

Reversus_image
そして・・・

Reversus_image
彼女は初めて人の言葉で歌を紡いだ。
それを合図とするように、全ては深海に引きずり込まれていく

Reversus_image

Reversus_image
最後に彼女が歌った音色は、波音に消え、聴こえることはなかった


消えゆく珊瑚

Reversus_image

Reversus_image
僅かに残った珊瑚には、その歌が言葉が、届いていた

Reversus_image

Reversus_image
かつての海はもう、無い。けれど

Reversus_image
その言葉を得る者達がまた新しい海をつくるのだろう

Reversus_image
沈みゆく船―そして誰かの、骨

Reversus_image
逆転の大渦の中で、沈む者、浮かぶ者

Reversus_image
あるべき場所にもどるため 次の時代が始まる

Reversus_image

Reversus_image

Reversus_image
形を失い、元の姿に戻る声

Reversus_image
彼女はどこにもいない、けれど その歌だけは未来に残ったという

Reversus_image


Producer,ExectiveDirector: Shizuka Kitajima

Composed by Treow Lyrics by NaturaLe
Performed by The Reversus Orchestra(Brass,Strings,Chorus),Amp-an(Timpani)

Vocal(as Sirene): Luschka

Conductor(Chorus): R.
Recording&Mixing&Marstering engineer: Tarsan

Visuals by Studio ELECTROCUTICA (project”я”)
MV Director: Kawauso
Drawing: Isaku Ito & Shizuka Kitajima

Font Design: Wataru Osakabe (http://www.lovedesign.tv/ )

Special thanks to all audiences,our friends and families.

この作品について

ELECTROCUTICAの第一作目としてスタートした「Reversus(リヴェルサス)」。
2010年2月より制作を開始し、4月に管弦楽・合唱・独唱・ティンパニを都内スタジオにて録音。7/19発表のアルバム「REVERSUS」の表題曲として収録した楽曲です。

同時に進行していた映像が今年5月10日をもって完成となり、ようやく作品として公開のはこびとなりました。多くの皆様のご協力と応援のもと、本作を実現させることができましたこと、心より感謝申し上げます。

新たなテクノロジーによって生まれた音楽シーンの潮流と、旧くからある偉大な音楽シーンの潮流。わたしたちが普段から深く関わっている、ネット発の音楽シーンは、いま大きな転換期を迎え、そうした2つの相反する波が合流し、渦を巻いています。

人がたくさん集まるところには、チャンスが沢山あり、成功を願う人たちがやって来ます。それは幸せな形で実現することもあれば、時に、皆が大切にしていたものが「ねじ曲げ」られ、願わない形でただ「儲けるためのネタ」として扱われてしまうことも多々あります。
そして使い捨てられた場所は、誰もいない荒れ地になってしまうことも・・・。

皆がいま”大切”にしている物も、愛した場所も、いつかそのような結末を迎えるのでしょうか。

私たちはこれから、どこへ向かうべきなのか。何を信じるべきなのか—潮流が逆向きになり、かつての「成功」が成功ではなくなりつつある今、どこかに流されて進む道を視誤らないように・・・我々の決意でもあるこの作品は、多くの期待と憂いを伴う初産となりました。