SWANSONG


何故、歌い続けているのだろう
願うたび傷む 灼け衝く翼を抱いて
最後にくれた君の言葉が
今も 風に乗る 私を壊す

あなたみたいになりたくて 同じ景色を見たくて
震える手を伸ばした……それがはじまりでした
届くような気がして ただ夢中で追いかけた
探し続けているけど、まだ
わからないの

あの日の憧れは どこまでも私を強くしてくれる
けれど迷えば容赦なく突き落とされるの
こんな気持ちにさせたのに
抱きしめてはくれないの
気まぐれ雨模様
彼はとても嘘つきです

パノラマの空 連れだしてくれた その手掴み
ずっと待っていた
傍に居られるのなら
堕ちていくだけでも構わない
そんな叶わぬ恋をした

あの日出会っていなければ
酷く穏やかな 凍て吐く鳥籠の中
生きていたんだ 幸せな日々を
疾る矜持《いたみ》さえ 知ることもなく

“鳴き方を知らず 生まれた白鳥は
果てる時だけ美しい歌を響かせて 飛び立つ”
きっとその歌声は、抗うように 償うようにー

星座の向こう 超えていくような その背中を
追い翔けて 今日も 私になれる
誰にも掴めない無常の空は
藍い瞳をしていた

歌い続けているんだよ
願うたび傷む 灼け衝く翼を抱いて
ひとりきりの舞台
「ありがとう」
今も 君を 愛している

何故、歌い続けているのだろう
願うたび傷む 灼け衝く翼を抱いて
最後にくれた君の音楽が
今も 風になる 私を焦がす

聴こえていますか
その腕の中
今も 傍で眠る 夢を見る


Naze utai tsuzukete irunodarou
Negau tabi itamu yaketsuku hane wo idaite
Saigo ni kureta kimi no kotoba ga
Ima mo kaze ni noru watashi wo kowasu

Anata mitai ni naritakute Onaji keshiki wo mitakute
Furueru te wo nobashita…… sorega hajimari deshita
Todoku youna kiga shite Tada muchuude oikaketa
Sagashi tsuzuketeru kedo , mada
Wakaranaino

Ano hi no akogare wa dokomade mo watashi wo tsuyoku shite kureru
Keredo mayoeba yousha naku tsuki otosareru no
Konna kimochi ni saseta noni
Dakishimete wa kurenai no
Kimagure ame moyou
Kare wa totemo usotsuki desu

Panorama no sora tsuredashite kureta sono te tsukami
Zutto matteita
Soba ni irareruno nara
Ochite iku dake demo kamawanai
Sonna kanawanu koi wo shita

Ano hi deatte inakereba
Hidoku odayaka na itetsuku torikago no naka
Ikite itanda shiawase na hi wo
Hashiru itami sae shiru koto mo naku

“Nakikata wo shirazu umareta >swan wa
Hateru toki dake utsukushii uta wo hibikase tobitatsu”
Kitto sono koe wa aragau youni tsugunau youni

Seiza no mukou koeteiku youna sono senaka wo
Oikakete kyou mo watashi ni nareru
Dare nimo tsukamenai mujou no sora wa
Aoi me wo shite ita

Utai tsuzukete irundayo
Negau tabi itamu yaketsuku hane wo idaite
Hitori kiri no Stage
“Arigatou”
Ima mo kimi wo aishiteru yurusenai

Naze utai tsuzukete irunodarou
Negau tabi itamu yaketsuku hane wo idaite
Saigo ni kureta kimi no kokoro ga
Ima mo kaze ni naru watashi wo kogasu

Kikoete imasuka
Sono ude no naka
Ima mo soba de nemuru yume wo miru

© 2018 ELECTROCUTICA