L’azur

 

永遠に 総てを包む AZUR
何故に罅割れた枠の先を識った
疾風に音を奪られた 僕に
秘めた想いは 逆衝動へ散った

無感情の微笑みと
裏腹の言の葉
統べてを 受け止めれば
こころは硝子色
ひた向きな 演技者は
空虚に 追い遣られ
さながら 抱きしめるも
手折れゆく花の様

果てに総てを刻む AZUR
檻に招いて そこに藍を見つめる
寒い揺り籠の中 いつか
醒めるその日が訪れると云った

小さなキャンバスに
静かな 叫びを
狭い世界抜けて軋む想い 何度でも
わたしひろいせかいみつめさけぶさけぶいま
せまいせまいからをやぶりわたしわたしゆくわ
いま

張り裂ける 寂しさと
吹き抜ける 秋風
総てを 受け入れれば
こころは 濡れ羽色
不揃いで ぎこちない
旋律 胸に抱き
晴れ渡る 悠久の
舞台に ひとり

私は振り向かない
轍を 踏みにじり
虹色の 感動と
瑠璃色の 憧憬を
求め 貴方という
矛盾の 存在は
消え去り 夢現は
空に落ちて 混ざる

十六夜の繰り返し
鈍色の感情
総てを忘れて今
こころは浅葱色
憂鬱を振り払い
自由に羽ばたける
今はそれがうれしくて
それがとてもかなしい

Towa ni subete wo tsutsumu AZUR
Nazeni hibiwareta waku no saki wo shitta
Kaze ni oto wo torareta boku ni
Himeta omoi ha Sakashoudou ni chitta

Mukanjou no hohoemi to
Urahara no kotonoha
Subete wo uketomereba
Kokoro ha garasuiro
Hitamukina engisha ha
Kuukyo ni oiyarare
Sanagara dakishimerumo
Taoreyuku hananoyou

Hateni subete wo kizamu AZUR
Ori ni maneite sokoni ai wo mitsumeru
Samui yurikago no naka itsuka
Sameru sonohi ga otozureru to itta

Chiisana canvas ni
Shizukana sakebi wo
Semai sekai nukete kishimu omoi nandodemo
Watashihiroisekaimitsumesakebusakebuima
Semaisemaikarawoyaburiwatashiwatashiyukuwa
Ima

Harisakeru sabishisa to
Fukinukeru akikaze
Subete wo ukeirereba
Kokoro ha nurebairo
Fuzoroi de gikochinai
Senritsu mune ni daki
Hrewataru yukyu no
Stage ni hitori

Watashi ha furimukanai
Wadachi wo fuminijiri
Nijiiro no kandou to
Ruriiro no doukei wo
Motome anata to iu
Mujun no sonzai ha
Kiesari yumeutsutsu ha
Sora ni ochite mazaru

Izayoi no kurikaeshi
Nibiiro no kanjo
Subete wo wasurete ima
Kokoro ha asagiiro
Yu-utu wo furiharai
Jiyuu ni habatakeru
Ima ha sorega ureshikute
sorega totemo kanashii