Hysteresis

 

緋を燈す 錆びた胸
揺さぶる月影
早鐘さえ 抑えて
心を梳く

すぐ遠く でも近く
硝子の距離
冷え切った手が 渡れば
消し去るほど
揺蕩う青宙

識りたい 融けたい 触れたい 鎔けたい
合いたい “熔けていたい” あげたい 解けたい

芽に降れる 浅墓な夢
矩形の星
戸惑う故意 霞めて
傷を奪う

ふと過ぎる 雨雲の果て
痺れ、縺れ
七彩の瞬間 惹きつけ
未来で泣く

宵明けのその先で 待てない
舞い散る温度に 震えている爪先
迷いが足りない

在るほど怖くて 届くと思えて
終点が見えなくて
それでも、求めて

痛み過速させる 衝迫は
想い出を集めた
自分だけの 羽ばたく歪み

「帰れない」と笑おう  走れる
重なり繋いで 刻みつけ固めた
流跡から
跳び発つ

Hi wo tomosu Sabita mune
Yusaburu tsuki
Hayagane sae osaete
Kokoro wo suku

Sugu tooku Demo chikaku
Garasu no kyori
Hiekitta te ga watareba
Keshisaru hodo
Tayutau aozora

Shiritai Toketai Furetai Toketai
Aitai “Toketeitai” Agetai Toketai

Me ni fureru Karui yume
Kukei no hoshi
Tomadou koi kasumete
Kizu wo ubau

Futo yogiru hai no hate
Shibire motsure
Nanairo no toki Hikitsuke
Mirai de naku

Yoake no sono sakide Matenai
Maichiru ondoni Furueteiru tsumasaki
Mayoi ga tarinai

Aru hodo kowakute Todokuto omoete
Owari ga mienakute
Soredemo motomete

Itami kasoku saseru shouhaku wa
Kakera wo atsumeta
Jibun dakeno habataku katachi

Kaerenai to waraou Hashireru
Kasanari tsunaide Kizamitsuke katameta
Kakokara
Tobitatsu