Fantasia Nr.1

 

もう 乗換のベル きっと 合図
壊れた 記号だけ 残していくよ 約束だから

暗闇に浮かぶ
光が惑わせる
「未来の思い出はいかが」
誘い出す 操られる
甘い香りを漂わせて

目隠してたら来てしまった
「白線の内側でお待ち下さい」
わかってる しりたくない
線路なんてないこと

記号で溢れかえった 駅は楽しげで
逃げろ ぐるぐる階段を 駆け上がって

重力が よそ見をした
一瞬の隙を突いて 空に飛び込め

今 時を終える
足跡も見えなくなる

ああ これで言える
君にだって いつも会える

近づいてく 遠ざかる景色
無色透明の海 無言の宇宙
このセカイが正しいなんて思っていないよ 思っていないよ

Mou norikae no bell Kitto aizu
Kowareta kigou dake Nokoshite ikuyo Yakusoku dakara

Kurayami ni ukabu
Hikari ga madowaseru
“Mirai no omoide wa ikaga”
Sasoidasu Ayatsurareru
Amai kaori wo tadayowasete

Mekakushi shitetara kite shimatta
“Hakusen no uchigawa de omachi kudasai”
Wakatteru Shiritaku nai
Senro nante nai koto

Kigou de afurekaetta Eki wa tanoshigede
Nigero Guruguru kaidan wo kakeagatte

Juuryoku ga yosomi wo shita
Isshun no suki wo tsuite Sora ni tobikome

Ima toki wo oeru
Ashiato mo mienaku naru

Ah korede ieru
Kimi ni datte itsumo aeru

Chikazuiteku toozakaru keshiki
Mushoku toumei no umi Mugon no uchuu
Kono sekai ga tadashii nante omottenaiyo