未必の恋 -Dolus Eventualis-


“Dolus Eventualis”ドルス・イヴェンチュアリス=法学用語「未必の故意」。
不確実ではあるが、結果的に犯罪行為になってもかまわないと思って犯行に及ぶ際の容疑者の心理状態を指す。
転じて、本作「未必の恋」は、相手が恋に落ちるかもしれないとわかった上で、ある行為に及んだ男と、その手中に落ちた少女のジレンマを描く曲。


そんな風に
求められたら
狂い出す秒針
知っていたくせに
全部君の”遊戯”の一部だなんて
今更 気づいても遅い

恋は-non liquet-
シアトリック
悪魔のように
眩む迷路 あれから
抜け出せないの

“Agentes et consentientes pari poena plectuntur.”
ー行為者と同意者は、同じ刑に服す

いけないこと だけど
わかってる
だから・・・

「痛くてもいい」

ねぇ 壊して “eques”ー
割れたチェスボードの上で
踊る夢をみてる

忘れさせてよ
罪が溶け合う
甘い剣撫[knife]で

なぜ
秘めたエスコートの
舌先に絡ませ伝う
君の想いが
今も胸を締め衝ける

恋は-non liquet-
そのトリック 運命のようで
ミスディレクション
いつから仕組まれていた?

“Consentire videtur, qui longo tempore patitur. ”
ー長期間甘受せし者は、同意したとみなされる。

故意を疑わず
受け入れた罰ね

「君が 初めてだった」

ねぇ、応えて regulus-
感じる マスカレード

抱き寄せそっと囁く声を
思い出してしまう

君の哀しい瞳に囚われて

まだ
信じる エスカレート

縋り寄せるシャツの背中
重ねる吐息で
崩れてく

許してequesー
割れたチェスボードの上で
泣いて夢から醒めた

忘れたくない

ふたり解け逢う甘い愛撫は
そう、内緒のアジテーション

今までずっと言えずにいた
秘密の恋が
君とこの手 繋いでる


Sonna fuuni
Motomeraretara
Kuruidasu hari
Shitte ita kuseni
Zenbu kimi no “Game” no ichibu da nante
Imasara kizuitemo osoi

Koi wa -non liquet-
theatric
Akuma no youni
Kuramu meiro arekara
Nukedasenaino

 
-Kouisha to douisha wa, onaji kei ni fukusu-

Ikenai koto dakedo
Wakatteru
Dakara…

“Itakutemo ii”

Nee kowashite “eques”
Wareta Chessboard no ue de
Odoru yume wo miteru

Wasure saseteyo
Tsumi ga tokeau
Amai knife de

Naze
Himeta escort no
Shitasaki ni karamase tsutau
Kimi no omoi ga
Ima mo mune wo shimetsukeru

Koi wa -non liquet-
Sono trick unmei no youde
Misdirection
Itsukara shikumarete ita

 
-Choukikan kanju seshi mono wa, doui shitato minasareru-

Koi wo utagawazu
Ukeireta batsu ne

“Kimi ga hajimete datta”

Nee, kotaete regulus
Kanjiru masquerade

Dakiyose sotto sasayaku koe wo
Omoidashite shimau

Kimi no kanashii me ni torawarete

Mada
shinjiru escalate

Taguri yoseru shatsu(shirt) no senaka
Kasaneru iki de
Kuzureteku

Yurushite eques
Wareta chessboard no ue de
Naite yume kara sameta

Wasuretaku nai

Futari tokeau amai aibu wa
Sou, naisho no agitation

Ima made zutto iezuni ita
Himitsu no koi ga
Kimi to kono te tsunaideru

© 2018 ELECTROCUTICA