Blindness

 

自分だから悪いんだ
無数の蒼を飾る
絆の贈り物
父の焦点は合わない

虹が未知を悔い契る
答えが問いを恋わす
足をとられて 踊る舞台で
ざらつく声を聴いていた

振り上げて 涙削る
在り触れた手
僕を矯正する
ちぐはぐな 慰めが好き

視界の亀裂 振動の乱れ
痛みで知る “自分だけのため”
あぁ 満たされる
あなたが言うから 森にひとりきり
そっと刻み込む
握る袖 その手だけ

自分だけが悪いんだ
無数の意図が絡み
間違いだと喚く
僕と常識が合わない

迷うはずのない道で
「座っていてはダメ」と
脚が捩れて 折れた舞台で
不快な音が引き擦った

白い牢で浴びせられる 他人の基準
僕は知らない
間違ってない
痛みで確認できるもの
思い上がりで圧し吐けないで

正しくないと正しい枠を言葉で打つ
“自分達のため”
あぁ縛られる

どんなに泣いても 小石が途切れて
もう帰さない
辿る方法 この手だけ

ふたつが消えて みっつになって
嘔吐いた日々
それでも走って
あぁ帰りたい

自分がないから あなたが教えて
ずっと刻み込む
握る袖 その手だけ

Jibun dakara waruinda
Musuu no ato wo kazaru
Koyubi no okurimono
Kare no pinto wa awanai

Niji ga michi wo kuichigiru
Kotae ga toi wo kowasu
Ashi wo torarete odoru terasu de
Zaratsuku koe wo kiite ita

Furiagete namida kezuru
Arifureta te
Bokuwo shikaru chiguhagu na
Nagusame ga suki

Shikai no kiretsu Rizumu no midare
Itami de shiru “Jibun dake no tame”
Ah mitasareru
Anata ga iukara mori ni hitorikiri
Sotto kizamikomu
Nigiru sode sono te dake

Jibun dake ga waruinda
Musuu no ito ga karami
Machigai dato wameku
Boku to pinto ga awanai

Mayou hazu no nai michi de
「Suwatte itewa dame」to
Ashi ga nejirete oreta terasu de
Fukai na koe ga hikizutta

Shiroi rou de Abise rareru Hitono ru-ru
Boku wa shiranai
Machigatte nai
Itami de sonzai dekiru mono
Omoiagari de oshitsukenaide

Tadashikunai to tadashii waku wo kotoba de utsu
“Jibun tachi no tame”
Ah shibarareru

Donnani naitemo Shirusi ga togirete
Mou kaesanai
Tadoru mono kono te dake

Futatsu ga kiete Mittsuni natte
Ezuita hibi
Soredemo hashitte
Ah kaeritai

Jibun ga naikara anataga oshiete
Zutto kizamikomu
Nigiru sode sono te dake