#006F86

(#006F86=aquamarine)

 

肢は薄泡で
何時からか悲劇へと傾けていた
ないた海から
沈む方舟 些夜かに旅絶てたけれど

獨が這いずり
背を向けて 骨を投げても変われずに
波が交差する
金櫛は護るものさえ選ばない

最初は思い込み でも嬉しくて
勘違い、強迫、擦れ違いへ

「何故わかりあえない」
居れ変わる科白 樹船と似色
気づけなくて

ごめんなさいだけが
ありがとうのうた

鍵を披いて 僕は瞬く
冬寂に近づく 君を探した

最初は信頼で でも嬉しくて
勘違い、盲目、擦れ違いへ

「何故帰り着けない」
要れ換わる頂点 君と振れて
気づけたから

僕は廻す、だから
ありがとうはまだ――

真宵を白沫で塗り替えて
限界まで奔り貫ける

意志の元に霧の宝石
慧眼、叛旗の【形勢逆転】

紡ぐ、想いの揺籠
君と、僕と、彼らの
正三角形へ

Ashi wa kuukyo de
Itsukaraka higeki eto katamuketeita
Naita umi kara
Shizumu Fune sayaka tabidateta keredo

Doku ga haizuri
Se wo mukete ishi wo nagetemo kawarezuni
Nami ga kousasuru
Kinshitsu wa mamorumono sae erabanai

Saisyo wa omoikomi demo ureshikute
Kanchigai,kyouhaku,surechigai e

“Naze wakariaenai”
Irekawaru muki
Kare to onaji
Kizukenakute

Gomennasai dake ga
Arigatou no Uta

Kagi wo hiraite Boku wa matataku
Fuyu ni chikazuku Kimi wo sagashita

Saisyo wa omoikomi demo ureshikute
Kanchigai,moumoku,surechigai e

“Naze wakariaenai” Irekawaru saki
Kimi to furete Kizuketa kara

Boku wa mawasu,dakara
Arigatou wa mada――

Mayoi wo hakujin de nurikaete
Genkai made hasirinukeru

Isi no motoni kiri no Aurum
Egen,hanki no “REVERSUS”

Tsumugu,omoi no Yurikago
Kimi to,Boku to,Karera no
Yurikago e